MENU
やぬさんぼんちゃん
14歳差夫婦ブロガー
「書こう 未来のために」をコンセプトに、家族の時間を増やしたい方へブログノウハウを発信中。目標は1億円稼ぐこと(大真面目)。

ConoHa WINGとエックスサーバーを徹底比較!こだわりポイントで選ぼう

本記事では、このような悩みを解決できます。

やぬさん

読みたい内容にジャンプしましょう

この記事の信頼性

ブログを始めるにあたって、だれもが一度はぶつかるレンタルサーバー2強問題。

あなたもまさに今、この問題に直面していると思います。

ConoHa WINGエックスサーバーは、どちらも優秀で人気のあるレンタルサーバーなので、なかなか決めきれませんよね。

そこで今回は、くわしいスペック比較やメリット・デメリット、おすすめの人などをわかりやすくまとめました。

ちなみに、現役ブロガー56人に「これからブログを始める人におすすめのレンタルサーバーはどっち?」というアンケートを取ったところ、以下のような結果になりました。

最後まで読んで、ぜひあなただけの答えを見つけてくださいね!

やぬさん

まずは注目の比較ポイントを見て、気になる箇所にジャンプしてください!

もくじ

ConoHa WINGとエックスサーバーのスペック比較

まずは、ConoHa WING(コノハウィング)エックスサーバー(Xserver)のスペックを比較していきましょう。

なお、スペックの比較は専門用語が多いので、少しとっつきにくい内容かもしれません。

「こまかいスペックの説明はいいから、それぞれのちがいを早く教えて!」

という方は、ConoHa WINGとエックスサーバーの注目すべき比較ポイント にジャンプしてくださいね。

レンタルサーバーのスペック比較は、

の3つに分けると、それぞれの特徴を理解しやすくなります。

やぬさん

普段取り扱い説明書を読まない人は、スルーしちゃってOKです

Webサーバー機能

ConoHa WINGエックスサーバーの「Webサーバー機能」から比較していきましょう。

なお、ここではそれぞれ以下のおすすめ料金プランで比較しています。

スクロールできます
WordPress
セットアップ機能
Webサーバー
ソフトウェア
ディスク種類ディスク容量CPUメモリ月間稼働率転送容量独自SSL設定マルチドメインMySQL ※3
(容量上限の目安)
FTPアカウント数php動作モードWAF機能

ConoHa WING

WordPress
かんたんセットアップ

Apache+nginx ※1
SDD / RAID10300GB6コア8GB99.99%以上無制限無料無制限
無制限
(4.5GB / 個)
無制限
LSAPI ※4

あり
(個別に除外)

エックスサーバー

WordPress
クイックスタート

nginx ※2

FAST CGI 3

無制限
(5GB / 個)

あり
(部分的に除外)
※1 Apache(アパッチ)

安定性やセキュリティなどに優れた、Webサーバーソフトウェアのこと

※2 nginx(エンジンエックス)

高速かつ軽量なWebサーバーソフトウェアのこと。静的なコンテンツであるブログとの相性がいい。

※3 FAST CGI(ファーストシージーアイ)

WebサーバーとWebアプリケーションの通信を高速化するためのプロトコルのひとつ。ブログの高速化に貢献する。

※4 LSAPI(エルエスエーピーアイ)

Litespeed WebサーバーとWebアプリケーションの通信を高速かつ効率的に行うためのインターフェースのこと。ブログの高速化に貢献する。

Webサーバー機能については、どちらもほぼ互角のスペックになっています。

やぬさん

でも、サイトの表示速度に少し差があることを覚えておきましょう

メール機能

次に、「メール機能」を比較していきます。

スクロールできます
メールボックスの
最大容量
メール送信の
最大サイズ
メーリングリストメルマガ配信

ConoHa WING
20GB / アドレス100MB

エックスサーバー

メール機能についてはほぼ同等のスペックになっていますが、エックスサーバーではメルマガ配信ができるようになっています。

でも正直なところ、ブログの開設から当面の間はメルマガ配信をすることはほぼないので、メルマガ配信をできないことがレンタルサーバーの決め手にはなりません。

やぬさん

つまり「メール機能は互角」という認識でOKです

サポート体制

最後に、ブログ初心者には欠かせない「サポート体制」を比較していきましょう。

スクロールできます
自動バックアップチャットサポートメールサポート電話サポート出会い系・アダルト系
ジャンル対応
プラン変更

ConoHa WING

復旧データの
取得無料

平日10~18時

24時間受付

平日10~18時

エックスサーバー

サポート体制は、どちらも万全の体制がととのっているので安心ですね。

しかし、どちらのレンタルサーバーも「出会い系・アダルト系ジャンル」には非対応なので、このジャンルでブログを始めたい場合はmixhost(ミックスホスト)を検討しましょう。

やぬさん

mixhostは「メールサポートのみ」になるので、注意しましょう

mixhost
総合評価
( 4 )
メリット
  • アダルト系コンテンツのブログ運営が可能
  • 高性能Webサーバー「LiteSpeed」を国内初導入
デメリット
  • 電話サポートがない
  • 管理画面が初心者に分かりづらい

\ 初回最大70%OFF! /

ConoHa WINGとエックスサーバーの注目すべき比較ポイント

ConoHa WING(コノハウィング)エックスサーバー(Xserver)のおおまかなスペックがわかったら、次はそのほかの点を比較していきましょう。

しかし、これら2つのレンタルサーバーは性能や特徴がよく似ているため、すべてを比較する必要はありません。

そこでここでは、特に注目すべき7つのポイントをしぼって、ConoHa WINGエックスサーバーを比較していきましょう。

やぬさん

正直、どちらを選んでも失敗することはありません。
あなたがこだわりたいポイントをチェックしましょう!

サーバーの信頼性

レンタルサーバーを選ぶにあたって、サーバーの信頼性は外すことのできないポイントですよね。

「サーバーの信頼性」を比較するには、以下の3つに注目しましょう。

  • 運営実績
  • 国内シェア
  • 導入実績
スクロールできます
運用実績国内シェア導入実績評価公式サイト

ConoHa WING

2018年9月〜

4位
(7.9%)
60万アカウント
4.5
ConoHa WING

エックスサーバー

2003年7月〜

1位
(37.0%)
導入企業17万社
運用サイト数240万件

5
エックスサーバー

サーバーの信頼性は、2023年で20周年を迎え、導入企業・運用サイト数ともに文句のない数字を誇るエックスサーバーのほうが高いと言えます。

この運営実績の差は、国内シェアにも顕著に表れています。エックスサーバー:1位、ConoHa WING:4位)

しかし見方を変えると、運用開始から4年しか経っていない2023年1月段階で、国内シェア4位に食い込んだConoHa WINGの成長は目を見張るものがあります。

数年前までの「エックスサーバー1強時代」が終わった今、多くの有名ブロガーがConoHa WINGを選んでいることからも、今後さらに両者の差は縮まるかもしれませんね。

出典:ConoHa WING公式サイト
やぬさん

それでも今のところ信頼性が高いのは、エックスサーバーです

\ 今なら半額キャッシュバック! /

サイトの表示速度

ブログを運営するにあたって、サイトの表示速度はとても重要な要素のひとつ。

なぜなら、サイトの表示速度が速いサーバーを選べば、以下のような効果が期待できるからですね。

  • サイトがぬるぬる動いて記事が読みやすく、読者満足度が高くなる
  • サイトのユーザビリティ(使いやすさ)向上により、結果的にGoogleからの評価も高くなる

なお、サイトの表示速度を比較するには、サーバーが採用している「Webサーバーソフトウェア」がポイントになります。

スクロールできます
Webサーバーソフトウェア評価公式サイト

ConoHa WING

Apache+nginx ※1

5
ConoHa WING

エックスサーバー

nginx ※2

4.5
エックスサーバー
※1 Apache(アパッチ)

安定性やセキュリティなどに優れた、Webサーバーソフトウェアのこと

※2 nginx(エンジンエックス)

高速かつ軽量なWebサーバーソフトウェアのこと。静的なコンテンツであるブログとの相性がいい。

エックスサーバーが「nginx」のみに対して、ConoHa WINGは「Apache」と「nginx」の2つを採用しています。

これはつまり、ConoHa WINGの方がサイトの表示速度が速く、安定性やセキュリティ面に優れていることを意味します。

サーバー処理速度ランキング
出典:ConoHa WING公式サイト
やぬさん

2023年7月時点で、ConoHa WINGは国内最速のレンタルサーバーです!

\ 今なら最大55%OFF! /

料金

レンタルサーバー選びで、料金面を最も重視する人は少なくありません。

レンタルサーバーの料金を比較する際には、以下の3つに注目しましょう。

  • 初期費用
  • 月額料金
  • キャンペーン割引

ちなみに、どちらのレンタルサーバーも、定期的に「申し込みキャンペーン」を開催しています。

ConoHa WINGのキャンペーン
Screenshot
エックスサーバーキャンペーン
Screenshot

1点注意したいのは、レンタルサーバーや料金プラン、開催時期などによってキャンペーンの割引率が異なること。

そこでここでは、私たちがあなたにおすすめしたいそれぞれの料金プランに、現段階(※)で開催されているキャンペーン内容を反映したものをまとめました。

※ 2023年11月現在

スクロールできます
おすすめ料金プラン初期費用月額料金(キャンペーン割引適用後)評価公式サイト
3ヶ月6ヶ月12ヶ月
(1年)
24ヶ月
(2年)
36ヶ月
(3年)

ConoHa WING
WINGパック
ベーシック

無料
1,331円
1,452円
1,210円
1,452円
990円
1,452円
842円
1,452円
643円
1,452円

5
ConoHa WING

エックスサーバー
スタンダード 1,320円
割引なし
1,320円
1,210円
割引なし
1,210円
実質550円
1,100円
実質522円
1,045円
 実質495円
990円

5
エックスサーバー

正直なところ、料金に大きな差はありません。

しかし、申込みの時期や希望の料金プランによっては、どちらかが安くなる可能性もあります。

そのため、レンタルサーバーに申し込む際には、かならず公式サイトで最新のキャンペーン情報を確認しましょう。

\ 今なら最大55%OFF! /

\ 今なら半額キャッシュバック! /

管理画面の使いやすさ

レンタルサーバーに申し込んだあとは、管理画面の操作が中心になります。

ブログを運営する上で、管理画面で操作する機会はそこまで多くありませんが、サイトのトラブル発生時にはすばやい対応が求められます。

ここでは、管理画面の使いやすさを比較していきましょう。

スクロールできます
管理画面の使いやすさ評価公式サイト

ConoHa WING

シンプルで使いやすい

5
ConoHa WING

エックスサーバー

情報量が多く、使いにくい

3.5
エックスサーバー

実際の管理画面は、こんな感じになっています。

ConoHa WINGの管理画面
エックスサーバーの管理画面(サーバーパネル)
エックスサーバーの管理画面(サーバーパネル)

エックスサーバーの管理画面もすごく使いにくいわけではありませんが、ConoHa WINGと比較すると情報量が多く、ブログ初心者には難しそうですよね。

日頃のブログ運営で管理画面を操作する機会はほとんどありませんが、パソコンに苦手意識がある場合には ConoHa WINGがおすすめです。

やぬさん

私たちは ConoHa WINGですが、契約更新の時以外はあまり操作することはありません

\ 今なら最大55%OFF! /

無料独自ドメイン

独自ドメインは、WordPress(ワードプレス)でブログを開設する際に必要になります。

独自ドメインとは
  • インターネット上に一つしかない、オリジナルドメインのこと
  • 1つのサイトに対して、独自ドメインが1つ必要
  • 自分好みの文字列を設定できる
  • ドメインの所有者は、あなた自身
  • 当サイトの独自ドメインはこれ(nfekhmyrm2022-blog.site)

どちらのレンタルサーバーも、契約時に無料で独自ドメインがもらえます。

スクロールできます
無料独自ドメイン総合評価公式サイト

ConoHa WING

2つ(※1)

5
ConoHa WING

エックスサーバー

2つ(※2.3)

5
エックスサーバー

※1「WINGパック」の契約が対象

2「24ヶ月以上の契約」と「自動更新設定の有効化」が必要

※3「12ヶ月以上の契約」の場合、無料独自ドメインは1つ

このように、どちらも無料の独自ドメインが2つもらえます。

しかし、エックスサーバーは2つの無料独自ドメインをもらうのに細かな条件が設定されているので要注意です。

\ 今なら最大55%OFF! /

有料WordPressテーマの割引

レンタルサーバーの契約時には、割引価格で有料WordPressテーマを購入できます。

WordPressテーマとは
  • ブログ運営に役立つ機能がパッケージ化されたもの
  • だれでもオシャレなサイトを作れる
  • 「有料テーマ」と「無料テーマ」がある
  • WordPress(ワードプレス)テーマの変更は、簡単ではない

それぞれのレンタルサーバーによって、取り扱っているWordPressテーマの種類や数は異なるので、導入したいWordPressテーマのあるレンタルサーバーを選ぶことが大切です。

そこで、それぞれのレンタルサーバーで購入可能な有料WordPressテーマと価格、適用条件などをまとめました。

スクロールできます
購入可能な
有料WordPressテーマ数
購入可能な有料WordPressテーマ適用条件総合評価公式サイト
有料WordPressテーマ価格

ConoHa WING
5つJIN:R
ジン・アール
18,800円
(▲1,000円)
19,800円
WINGパックを選択
5
ConoHa WING
JIN
ジン
14,250円
(▲550円)
14,800円
SANGO
サンゴ
14,000円
(▲800円)
14,800円
THE THOR
ザ・トール
14,960円
(▲1,320円)
16,280円
THE SONIC
ザ・ソニック
6,578円/月
(▲2,002円/月)
8,580円/月

エックスサーバー
5つSWELL
スウェル
16,720円
(▲880円)
17,600円
なし
5
エックスサーバー
Snow Monkey
スノー・モンキー
コーポレートサイト向け
15,675円/年
(▲825円/年)
16,500円/年
Emanon Business
エマノン・ビジネス
コーポレートサイト向け
10,230円
(▲2,570円)
12,800円
LIQUID INSIGHT
(リキッド・インサイト)
15,180円
(▲1,100円)
16,280円
Nishiki Pro
(ニシキ・プロ)
コーポレートサイト向け
16,910円
(▲890円)
17,800円

このように、ConoHa WINGは5つのテーマに対応しており、選択肢が豊富なのが特徴です。

一方、エックスサーバーは5つのテーマに対応しているものの、そのうち3つはコーポレートサイト向けのWordPressテーマ。

個人ブログ向けのWordPressテーマとしては2つに絞られますが、国内人気No.1の SWELL(スウェル)を安く購入できるのが最大のメリットと言えるでしょう。

対応しているテーマの数や種類、適用条件などを総合的に判断すると、有料WordPressテーマの割引についてはどちらもほぼ同等と言えます。

しかし個人的には、国内人気No.1で私たちも導入している SWELLを安く購入できるエックスサーバーが一歩リードといった印象があります。

\ 今なら半額キャッシュバック! /

やぬさん

ブログ開設前にかならず「WordPressテーマ」は決めておきましょう!

無料のお試し期間

レンタルサーバーの契約は、12ヶ月以上になることが多いので「申し込む前にまずは試してみたい」という声も少なくありません。

スクロールできます
無料お試し期間総合評価公式サイト

ConoHa WING

なし
(申込月:無料)

3.5
ConoHa WING

エックスサーバー

10日間

5
エックスサーバー

エックスサーバーには「10日間の無料お試し期間」があるので、申し込み前に実際の使用感を確認できます。

一方、ConoHa WINGに無料お試し期間はありません。

しかし、ConoHa WINGは1ヶ月単位の契約ができたり、申し込み月(最大31日間)が無料になったりするので、無料お試し期間と同等のシステムが準備されています。

出典:ConoHa WING公式サイト

なにがなんでも申し込み前に無料で試したい!」という場合は、エックスサーバーを選びましょう。

やぬさん

私たちはお試しせずにブログを開設しました

\ 今なら半額キャッシュバック! /

ConoHa WINGのメリット・デメリット

ここからは、それぞれのレンタルサーバーを選ぶメリット・デメリットについて解説していきます。

ここでは、ConoHa WING(コノハウィング)のメリット・デメリットを見ていきましょう。

ConoHa WING
総合評価
( 5 )
メリット
  • WordPressのセットアップが簡単
  • サーバー処理速度が国内No.1
  • リーズナブルな料金
  • 有料WordPressテーマがお得に購入できる
  • 管理画面が使いやすい
  • セキュリティ面が充実している
  • 独自ドメインを無料で2個もらえる(WINGパックのみ)
  • WordPressを高速化できるWEXAL(ウェクサル)が無料で使える
デメリット
  • 無料お試し期間がない
  • 料金プランが複雑
  • アダルト系のジャンルはNG
  • 「WordPressかんたん移行」が大変

ConoHa WINGは、エックスサーバーに並ぶトップクラスのレンタルサーバーです。

たくさんあるメリットの中でも、管理画面が使いやすく初心者でも利用しやすいのがおすすめポイントです。

また、「サーバー処理速度が国内No.1」という高性能サーバーにもかかわらず、安価で済むコスパの良さも魅力ですね!

やぬさん

初心者向けレンタルサーバーの代表格ともいえます!

なお、各項目をもっとくわしく知りたい場合は、下記の記事をチェックしましょう。

\ 今なら最大55%OFF! /

エックスサーバーのメリット・デメリット

次に、エックスサーバー(Xserver)のメリット・デメリットを見ていきましょう。

Xserver
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 国内シェアNo.1の安心感
  • 「WordPressクイックスタート」でブログの開設がかんたん
  • 人気No.1WordPressテーマ「SWELL」をお得に購入できる
  • 高速化技術「KUSANAGI」を導入済み
  • 独自ドメインを無料で2個もらえる(24ヶ月以上の契約・自動更新設定の有効化が必要)
デメリット
  • プラン変更が月単位になる
  • アダルト系のジャンルはNG

エックスサーバーは、国内シェアNo.1の老舗レンタルサーバー。

少し前までは「レンタルサーバーといえばエックスサーバー」と言われるほど、これまでの実績やサーバーの安定性から高い人気を誇っていました。

最近は、ConoHa WINGなどの台頭もあり、その人気は落ち着きを見せていましたが、2023年3月に国内人気No.1のWordPressテーマSWELL(スウェル)の提供を開始。

これにより再び エックスサーバーに注目が集まっています。

やぬさん

「やっぱエックスサーバーなんだよなぁ」という感じが戻ってきました

なお、各項目をもっとくわしく知りたい場合は、以下の記事をチェックしましょう。

\ 今なら半額キャッシュバック! /

ConoHa WINGの評判・口コミ

ここからは、実際にそれぞれのレンタルサーバーを利用している人の声に、耳を傾けていこうと思います。

ここでは、ConoHa WING(コノハウィング)の評判・口コミを見ていきましょう。

https://twitter.com/kota_blogger/status/1635232986231881731

このような ConoHa WINGの評判・口コミでは、

  • ブログ開設のしやすさ
  • サイト表示の速さ
  • 管理画面の使いやすさ

などに関する声が多く見られました。

やぬさん

初心者でも安心できるレンタルサーバーですね!

なお、ConoHa WINGの悪い評判・口コミを見たい場合は、下記の記事をチェックしましょう。

\ 今なら最大55%OFF! /

エックスサーバーの評判・口コミ

次に、エックスサーバー(Xserver)の評判・口コミを見ていきましょう。

このような エックスサーバー評判・口コミでは、

  • 国内シェアNo.1の安心感
  • サーバーの安定性
  • 国内No.1有料WordPressテーマ SWELL(スウェル)が安く購入できる

などに関する声が多く見られました。

やぬさん

20年の歴史が生んだ安心が評価されています

なお、エックスサーバーの悪い評判・口コミを見たい場合は、以下の記事をチェックしましょう。

\ 今なら半額キャッシュバック! /

ConoHa WINGはこんな人におすすめしたい!

サーバーの特徴や実際の評判・口コミなどを踏まえると、ConoHa WING(コノハウィング)はこんな人におすすめです。

  • サイトの表示速度にこだわりたい
  • 使いやすさを重視したい
  • 多くの選択肢から有料WordPressテーマを選びたい
  • たくさんの有名ブロガーと同じレンタルサーバーにしたい

あなたがこれらに当てはまるなら、ConoHa WINGでブログを開設しましょう。

\ 今なら最大55%OFF! /

エックスサーバーはこんな人におすすめしたい!

サーバーの特徴や実際の評判・口コミなどを踏まえると、エックスサーバー(Xserver)はこんな人におすすめです。

  • 実績のあるレンタルサーバーを選びたい
  • 利用者の多いレンタルサーバーを選びたい
  • WordPressテーマ SWELL(スウェル)の導入を決めている
  • 申し込む前にちょっと試してみたい

あなたがこれらに当てはまるなら、エックスサーバーでブログを開設しましょう。

\ 今なら半額キャッシュバック! /

やぬさん

SWELL(スウェル)目当てで、ほかのレンタルサーバーから移行する場合はこちらもチェック!

ConoHa WINGとエックスサーバーの比較に関するよくある質問

最後に、ConoHa WING(コノハウィング)エックスサーバー(Xserver)の比較に関するよくある質問をまとめました。

どうしても決められません。どちらにしたらいいですか?

ブログを開設する段階で、有料WordPressテーマ SWELL(スウェル)をお得に購入したければ、エックスサーバーを選びましょう。

それ以外は、ConoHa WINGで大丈夫です。

あくまで、私たちの個人的な意見です。

ブログ開設後に、レンタルサーバーを変更することはできますか?

可能です。

レンタルサーバーの変更は、契約更新月を目安に検討しましょう。

それぞれおすすめの料金プランを教えてください。

ConoHa WINGのおすすめ料金プラン

  • 料金タイプ:WINGパック
  • 料金プラン:ベーシック
  • 契約期間:12ヶ月以上

エックスサーバーのおすすめ料金プラン

  • 料金プラン:スタンダード

この2つ以外にも、おすすめのレンタルサーバーはありますか?

あります。

私たちおすすめのレンタルサーバーは、全部で7つです。

有料のWordPressテーマは、ブログ開設時に購入した方がいいですか?

はい、ブログ開設時に購入するのがおすすめです。

ブログ開設時に購入するのをおすすめする理由は、以下の3つ。

  • お得に購入できる
  • 自分に合ったテーマをゆっくり検討できる
  • WordPressテーマの変更で発生する大幅な記事修正がいらない

ブログを始める前に準備するものってなんですか?

全部で9つあります。

事前に、足らないものがないか確認しておきましょう。

やぬさん

これ以外に質問があれば、気軽に聞いてくださいね

ConoHa WINGとエックスサーバーの比較まとめ

今回は、ConoHa WING(コノハウィング)エックスサーバー(Xserver)の比較について解説しました。

やぬさん

もう一度読みたい内容にジャンプしましょう

ConoHa WINGエックスサーバーの2つは、どちらを選んだとしても大きな失敗につながることはまず考えられません。

しかし、レンタルサーバーに求めるものは人それぞれなので、自分のこだわりを満足できる方を選びましょう。

無事にレンタルサーバーが決まったら、次にやることはキャンペーン内容の確認です。

キャンペーンの内容は時期によっても大きく変化するので、公式サイトで確認すると安心です。

やぬさん

さぁ、私たちと一緒に新たな一歩を踏み出しましょう!

R o a d M a p

ブ ロ グ の ゴ ー ル を 意 識 し な が ら 読 も う

収益化までのロードマップ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
もくじ